お墓Q&A

永代使用料って何?

お墓を設置する「土地」を使用する権利です。 永代使用料の払い戻しを行うことはできませんので、墓地の選定には注意が必要です。


親が墓石の購入の検討をしています。親が亡くなった後、私が管理を引き継ぐことになったら、新たに永代使用料を払う必要はありますか?

一度お支払いになられていますので、新たに支払う必要はありません。 永代使用料とは、子孫が続く限り、永代に使用する権利に対する費用ですので、一度納めれば代が変わるたびに必要になる費用ではありません。


管理料が払えなくなったらどうするの?

墓地によっても違いますが、継承者がいなくなった場合には、永代使用権は剥奪され、無縁仏として整理されます。

各墓地の管理規則を確認してください。



お墓はいつ建てたら良いの?

お墓を建てる時期に決まりはありません。

御遺骨がある場合、四十九日、百ヵ日、遅くても一周忌までに建てるのが一般的とされています。

最近はご子孫に負担をかけたくないということで生前建墓(寿陵)が大変多くなっています。

 



生前にお墓を建てても良いですか?

生前にお墓を建てることを寿陵(じゅりょう)と言います。

古来中国では、生前にお墓を建てると健康で長生きをすると言われました。これは仏教の教えから来たものです。

日本で最初に生前建墓されたのは、聖徳太子と言われています。

の最後の大仕事として、ご自分のお墓を確認し、余生を安心して過ごされている方が増えています。


墓石に家紋を入れなくてはいけないのですか?

かつては家紋を入れるのが一般的でしたが、現在は洋型墓石が多く、家紋の代わりに花の絵を入れる方が多くなっています。

デザインにや文字に規制のある霊園もありますが、墓石に入れる文字などにこだわる方が多くなっています。

当社では、クリスタルガラス製オリジナル家紋も取り扱っています。

お問い合わせください。



斜面にある墓地の引っ越しをしたいのですが?

お墓を移す、いわばお墓のお引っ越しは「改葬」といいます。

新旧両方のお墓から証明書をもらい、それを旧墓地のある役所・役場に持って行き、許可をもらうという流れになります。

その後お墓から魂を抜いたり入れたりする儀式を行います。

高齢化に伴い、斜面にある墓地を改葬される方が増えています。

 



墓石の名称・種類


お仏壇Q&A

  • 一般的なお仏具の飾り方

 

一般的なお仏具の飾り方

※上記は一般的な習わしに基づいたものです。宗派やお住まいの地域やご家庭によって異なります。

 

 


  • お仏壇を購入した時は、どこにどのように置いたらよいでしょうか?

お祀りしやすい場所、家族が集まりやすい場所が良いでしょう。お仏壇の方向ですが、西向き説・本山方向説等いろいろありますが今の住宅事情を考えますと特に気にしなくても良いと思われます。

   もうひとつ気になるのが神棚との位置関係ですが。神棚の真下(同じ向き)、真正面(向き合う)は避けたほう

   が良いとい われています。また仏壇の上には何も置かないほうが良いとも言われています。

   気に'なる場合は仏壇上の天井に「空」「雲」と書かれたシール等を貼れば良いで しょう。                                                                                                                        

 

 

 


  • お仏壇はいつごろ購入したらよいのですか?

お亡くなりになられてからあまり日をおかずに購入された方がよいと思います。
遅くとも四十九日までには購入し、どうしても間に合わない時は、お盆や祥月命日などを機会に購入しましょう。
お仏壇は、お仏具やご本尊などさまざまな付属品が必要となります。
そのうえにお仏壇の材質・値段等もさまざまですから、初めて購入される方は当店にお任せ下さい!

 


  • お仏壇を購入する際のチェックポイントは?これ重要です。

まず、お仏壇をどこに、どの場所におくかを決め、そこのサイズを計り、そのサイズに合ったお仏壇を選びます。値段等もさまざまですので、あまり無理をせず、その家庭に合ったものを選びましょう


  • お仏壇を初めてお祀りする時はどのようにしたらよいでしょうか?

新しくお仏壇を購入し、設置する時は、開眼供養をします。
開眼供養は家の中にご本尊をお迎えして先祖の位牌を祀るもので菩提寺のご住職様に経をお唱えしていただきましょう。
これを行わないうちは仏壇の扉をあけてはいけません。


  • 本位牌の準備はお早めに

四十九日の法要を迎えるにあたり、本位牌を用意します。四十九日の忌明け法要以降は、白木位牌にかわって本位牌をお祀りするようにします。位牌は文字彫刻、あるいは文字書きが必要となりますので、四十九日法要にお祀りするためには早めの御手配が必要となります。
※文字書き込みには一週間程度の余裕が必要です